島根県柔連盟会長 山藤 哲夫

新型コロナウイルス感染症の対応について(お願い)

平素より島根県柔道連盟の事業に対し、格別のご理解とご協力を賜り、心よりお礼申し上げます。

本年1月から、新型コロナウイルス感染症が世界中に感染拡大しており、私たち国民が楽しみにしておりました東京オリンピック・パラリンピックの開催も次年度に延期され、県内外の大会等も軒並み中止又は延期しております。柔道人として選手の活躍する機会を奪うことや意欲を低下させることは残念でなりません。4月7日には、東京都を始め7都府県に非常事態宣言が発令されました。日本中がスポーツ活動だけでなく、普段の生活にも大きな影響が出てくると思われます。

全国がそうした新たな対策段階に入っているときに島根県でも感染者が確認されました。私たち一人一人がより明確な意識を持つことが感染拡大を防ぐことにつながります。是非、三密(密閉、密集、密接)に注意して、感染予防に努め、関係団体等(島根県・県内市町村・高体連・中体連)と連携をとり、体調管理を徹底し可能な範囲で柔道を行っていただきたいと思います。

今、一番重要なのは私たちの命を守ることです。この感染症が収まってくれば、また柔道はできます。それまで情熱を持ち続けて行動してください。

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、感染防止に向けて何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

島根県柔連盟会長
山藤 哲夫